【平塚市】浴室折れ戸リフォームの施工事例(T様邸)

浴室開きドア施工事例

今回は半日で浴室ドアがピカピカになる浴室折れ戸リフォームのご紹介!

今回ご依頼頂いたお客様は、浴室内をリフォームするので、ドアも折角だから新しくしたい!との事でご依頼を頂きました。浴室をリフォーム工事する前に先に現場で採寸をさせて貰いました。

浴室ドアのリフォームは、簡単後工事が可能な、カバー工法と呼ばれるタイプです。もともと付いている茶色い枠を残し、その上から、新品の枠をさらに被せて(カバーして)キレイなドアを取り付けます。なので、現在の枠がどんな風な形状で、どうやって付いているか、を調べるのがとても大切なんです(*‘∀‘)

そして、浴室の工事が終わったとの事で改めて工事に伺いました。うんうん。以前の茶色のドアから真っ白なドアになり、とっても明るくなりましたね!全景写真でも分かりますが、ちょっと上部に、既存の茶色い枠が見えてますね。気になるようであればオプションの部材を使って隠す事も出来ますが、費用もアップしてしまうので、そこはお話合いの上でどのようにしたいか決めさせて頂きます。

今回交換したのは開きドアタイプですが、折れ戸タイプもあり、そちらのご提案もしたのですが、お客様の好みにより、ドアタイプになりました。お好みで選んで頂けますよ(#^^#)

さてさて、今回のリフォームはいかがだったでしょうか?お風呂は交換しなくても、ドアが開きづらい、とても古いので衛生面から考えて、新しくしたい!と言う(*’▽’)ようなご依頼も多く頂いています。是非是非MADOショップ湘南西八幡店にご相談下さい(*’▽’)

関連記事

  1. その他施工事例
  2. 庇施工事例
  3. その他施工事例
  4. 浴室折れ戸施工事例
  5. ガラス交換
  6. 窓の修理
PAGE TOP