内窓(二重窓)の凄い断熱効果

窓の豆知識

近年益々人気が高まっている内窓の凄い断熱効果をご存じですか?令和5~6年度に国の補助金の効果もあり、圧倒的な内窓ブームが来ています。内窓は北海道や寒い地域だけのものではありません。関東圏でも多くのユーザーに、高い満足度を頂いている商品です。

内窓の断熱について

樹脂とアルミ

【内窓の凄さ1】近年では外側の窓が樹脂窓であるご家庭も増えて来ていますが、10年近く前のご自宅の方の殆どは、外側の窓はアルミ製だと思います。室内に設置するに内窓は樹脂製になり、樹脂製窓は、アルミ製窓の1400分の1の熱伝導率で、室外の冷気・熱気をシャットアウトし、室内に侵入させません。

【内窓の凄さ2】住まいの中で熱の出入りが最も激しい所が窓だと言う事をご存じでしょうか?リビングなどで窓際にいると熱い、寒いなどを強く感じると思います。特に大きな窓は眺望も良く、大きな窓が付いている事が多いですが、大きな窓であるほど、熱の出入りが激しく、せっかくエアコンをかけても、利きが悪くなり、光熱費を上げてしまう原因になっています。大きな窓に内窓を付ければ、体感、光熱費共に効果を実感できるでしょう。

【内窓の凄さ3】1窓あたり60分で設置完了できるので、工事期間中に部屋が使えなくなる、引っ越さなくてはいけない、と言った手間がありません。また、その他にも優れた防音効果、防犯効果もあります。

【内窓についてのご注意点】内窓を設置することにより、既存の外側の窓の結露を減らせますが、結露しなくなる訳ではありません。

内窓はあくまで室内設置用為、内窓のみで外からの雨、風を防ぐことは出来ません。外側の窓は閉めてご利用下さい。

夏場の高温時など、長時間閉めたままにすると、外窓と内窓の間の空間が高温になり、場合によっては樹脂の変形、ガラスの熱割れが起きる可能性があります。

まとめ

内窓は設置後のお客様からの評判も良い商品です。まずは良くお使いになるリビングや寝室部屋1~2窓から設置をご検討してみると良いでしょう。

お気軽にラインでお問い合わせ下さい!(メール・お電話も大歓迎)

友だち追加

関連記事

  1. 窓の豆知識
  2. 手軽にドアリフォーム
  3. 窓の豆知識
PAGE TOP