エクステリア工事費用の相場はいくら? 予算を抑えるポイントも解説

エクステリア工事費用の相場はいくら?

住宅の外観に、エクステリアのリフォームを行いたいと思った場合、気になるのは工事費用でしょう。エクステリアのリフォーム工事費用の相場は、その箇所ごとに異なります。今回は、エクステリアの箇所ごとのリフォーム工事費用の相場と、費用を抑えるポイントを解説します。

エクステリア工事費用の全体の相場

エクステリアは、庭や外壁などの住宅の外観に設置されるものの総称です。エクステリアのリフォーム工事費用は、エクステリアの種類によって異なることに加え、さらに細かく細分化されて算出されます。細分化される項目としては、エクステリアにかかる面積と工事部分、素材、工期、人件費などです。これらが、リフォーム工事ごとに異なるため、一概に全体の相場を示すことは難しいのが実情なのです。

実際に、エクステリアのリフォーム工事費用を見積もるには、工事部分ごとに算出して、それらを積算するという方法が一般的となっています。

門まわり

ここからは、エクステリアの工事箇所ごとの相場を紹介します。まずは門まわりのエクステリアの工事費用について解説します。

門扉

門扉は、防犯とプライバシー保護に役立つエクステリアです。種類としては、開き戸(片開き戸、両開き戸、親子開き戸)、引き戸、アコーディオン、跳ね上げ式などがあります。用途や使い勝手でどの門扉にするか選ぶとよいでしょう。

工事費用の相場は、10~30万円程度です。

門柱・門壁

門扉を追加する際は、それと合わせて門柱や門壁も施工することが一般的です。ただ、近年では門扉なしで門柱のみを施工する方法も人気で、門柱にインターフォン、ポスト、表札などを組み込む「機能門柱」というものもあります。

工事費用の相場は、10~20万円程度です。

ポスト・表札

門まわりのリフォーム工事を検討する際には、ポストや表札をどのようなものにするかも合わせて検討しましょう。ポスト(郵便受け)には門壁への埋込み型、自立したポール型、壁掛け型などがあります。表札に使用される素材としては、ステンレス、タイル、アクリル、天然木などが挙げられます。

工事費用の相場は、6~20万円程度です。

塀・フェンス

堀やフェンスなどは、おもにプライバシー保護のための目隠しとして設置され、堀やフェンスで囲んだ外構のことを、クローズ外構と呼びます。ここでは、これらのリフォーム工事費用の相場を解説します。

住宅を取り囲むエクステリアに、塀を選択する人も多いでしょう。塀には、ブロック塀、レンガ塀、コンクリート打ち放し塀などの種類があります。塀のリフォーム工事費用は、素材と施工する面積で変動します。また、仮に既存の塀がある場合は、別途解体、撤去費用もかかることに留意しておきましょう。

工事費用の相場は、30~75万円程度です。

フェンス

塀だと重厚感が出て、重たく見えてしまったり、住宅への風通しが悪かったりする場合は、フェンスを選ぶとよいでしょう。フェンスの素材は、アルミ製、スチール製、木製などがあり、いずれも強度は十分ながら軽量な素材です。また、フェンスのほうが塀よりもコストを抑えて設置できます。

工事費用の相場は15~30万円程度です。

玄関アプローチ

玄関アプローチは、門扉や道路などから、玄関に至るまでの間の外構に該当する部分を指します。似た用語に玄関ポーチというものがありますが、これは玄関前すぐの出入口部分のことを指し、建築面積に入るといった違いがあります。

玄関アプローチでの工事は、タイルやレンガ、砂利、コンクリート、インターロッキングなどの施工方法を用いる地面の改良工事がメインです。門まわりとの素材や雰囲気の調和を取ると、おしゃれに見えやすくなります。

工事費用の相場は、10~30万円です。

カーポート

カーポートは、風雨や紫外線から車を守り、雨の日でも乗り降りしやすくなるといったメリットがあるエクステリアです。ガレージよりも比較的安価に施工することができます。カーポートは柱と屋根から構成されていて、柱の素材はアルミ製、スチール製、屋根はポリカーボネート製、スチール折板が広く使われています。

工事費用の相場は、床を土間コンクリート打ち込みにした場合、30~100万円程度です。

ウッドデッキ

ウッドデッキは、室内と庭を気軽に往来できるデッキのことです。用途はさまざまで、ホームパーティーや読書、昼寝などに利用できます。ウッドデッキに使用される素材は、天然木、人工木(樹脂製)、アルミ製です。用途や好みによって、使用する素材はどれがよいのか検討しましょう。

工事費用の相場は、20~50万円です。

エクステリア工事費用を抑えるポイント

いくつかのポイントを意識すれば、エクステリア工事費用を抑えることができます。ここでは、そのポイントを解説します。

DIYできるところはチャレンジ

エクステリアのリフォーム工事は、内容によっては自分でDIYすることも可能です。初心者でも取り組みやすいものとしては、玄関アプローチの砂利敷きやレンガ敷きなどが挙げられます。このときポイントとなるのは、砂利やレンガを敷く前に、地面を平らにならすことです。地面が凸凹していると、砂利やレンガを綺麗に敷き詰めることができず、つまづく要因となってしまうので気を付けて施工しましょう。

反対に、カーポートの設置やコンクリート塀の解体は、重機や専門の工具、そして経験が必要で、初心者が行うと事故になるおそれがあります。必ずプロの施工会社に依頼しましょう。

エクステリア会社に直接依頼する

大手のハウスメーカーで住宅を建てた人は、リフォーム工事もそのハウスメーカーに依頼する傾向にあります。大手ハウスメーカーへの依頼は、広告費、人件費、エクステリア工事会社への仲介手数料などが加算される場合があり、コストがよりかさんでしまうことがあります。

これを避けるためにも、直接エクステリアのリフォーム工事を行っている会社に依頼しましょう。直接依頼すれば、前述したような費用は一切かからないため、コストを抑えてエクステリアのリフォーム工事を依頼することができます。

複数のエクステリア会社に相見積もりを

直接エクステリア会社に依頼する場合は、必ず複数の会社に依頼し相見積もりを取るようにしましょう。一口にエクステリア会社といっても、塀工事が得意な会社、カーポート設置が得意な会社など、得意不得意が異なります。そのため、同じリフォーム工事でも金額に差が生まれることがあります。また、相見積もりを取ることで、エクステリア会社のリフォーム工事に対する知識や経験がどのくらいあるのかを推し量ることができるのもメリットのひとつです。

相見積もりを取り、総合的に判断してから本格的に施工を依頼するといった流れが、もっとも無駄がなく無事に施工完了できる近道です。

まとめ

エクステリアをリフォームすることで、機能面はもちろんのこと、マイホームの外観もこれまでとは見違えるようになり、毎日がより楽しいものとなります。予算と注意すべきポイントを踏まえた上で、ぜひチャレンジしてみてください。

湘南地域にお住まいで、エクステリアのリフォーム工事を検討されている方は、MADOショップ湘南西八幡店へ一度ご相談ください。

関連記事

  1. エクステリアリフォームの注意点
  2. 窓のリフォームで快適生活
  3. 窓の豆知識
  4. 窓の豆知識
PAGE TOP